Assisting Discovery

家庭教師というバイトについていろいろと考えてみるならば・・・

家庭教師といえば大学生のバイトの代表的なもの

家庭教師といえば、大学生のアルバイトの代表的なものと言えるでしょう。学習塾とは違って、家庭教師というのは個人教授であるために、生徒に合ったやり方で勉強を教えることができる、というのがその最大のメリットとなっているわけです。このために、受験生を抱えている家庭の中には、家庭教師を雇って大学受験を控えている子供の学力を伸ばしたい、という親が少なくないのですね。特に、子供の苦手な科目を重点的に教えてくれる家庭教師が望まれる、という場合が多いと言えるでしょう。

家庭教師はマンツーマンの個人教授なので・・・

マンツーマンの個人教授となる家庭教師の場合、生徒になる子供に合わせた教え方をする、というのが家庭教師をする場合の一番のコツである、と言えるのではないでしょうか?多くの場合、教える科目というのはその生徒が苦手としている科目でしょうから、その苦手意識を克服させてやれるような教え方ができるか、というところにかかってくるわけなのですね。このためには、もちろん、家庭教師をする学生自身、その科目が自分の得意科目でなければダメなのですが、その上で、その科目が苦手である生徒に苦手意識を拭わせるような教え方を編み出す、というスキルが必要になってくるのです。

教師に求められるのは知識以上に教え方のノウハウ

そもそも教師というものは、生徒にいかに理解させるのかという点で、教師としての力量が問われるものであるわけですね。このためには、その科目についての知識が必要であるのはもちろんですが、それ以上に求められるものが教えるためのノウハウなのです。特に、その生徒が苦手である科目については、その苦手意識を拭わせて、得意とまでは行かなくても、当り前に取り組めるようになるよう、導いて行かなければならないわけです。マンツーマンの個人教授である家庭教師の場合、こうしたあり方というものは、塾の講師などよりもさらに大きなものとなっているわけなのですね。

家庭教師のバイトは、個人契約と会社契約のふたつがあります。個人宅から直接依頼を受けるか、家庭教師派遣会社から紹介を受ける形になります。